急増している新型うつ病|症状にあった治療があります

うつ病の新しいタイプ

笑顔の女の人

若い世代に多い症状

うつ病というと長期に気持ちが落ち込む、やる気が出ない、朝が起きられない、睡眠障害があるなどの症状が多いですが、最近は新しいタイプのうつ病、新型うつ病にかかる人も増えています。新型うつ病はどちらかというと20代、30代などの若い世代に多い症状で、今までのうつ病とは違うタイプの病気です。一般的なうつ病の場合は自分を責める自責感が強い、罪悪感が強いといった傾向にありますが、新型うつ病の場合は自責感が乏しく、人のせいにしたがる傾向にあります。そしてうつ病で会社を休職中にもかかわらず、自分の趣味などでは行動的になるので、周囲から見ると、ただ怠けているだけ、わがままなだけと見られがちです。このほかではうつ病の人が病気を隠したがる傾向にあるのに対し、新型うつ病の場合はうつ病であることを隠さず、公言することも多くなっています。自分勝手な行動が目立つこともあり、周りからは病気と認めてもらえないことも少なくありませんが、本人はかなり苦しんでいることも多くなっています。

治療方法を知る

一般的なうつ病の場合も、新型うつ病の場合も健康を取り戻すためには、やはりしっかりと治すことが大事です。一般的なうつ病の場合は治療の際はしっかり休養を取ること、薬による治療が中心となっていますが、新型の場合は治療方法も変わってきます。新型の場合は従来の鬱病と同じような治療では改善が難しいので、また違ったアプローチで対処していくこととなります。新型うつ病の場合は過眠や過食が起きることが多く、生活習慣も乱れ、それが病気の悪化にもつながりますので、生活習慣を整えていくことも大事です。従来のうつ病では無理をせず、休養をしっかり取ることが大切ですが、新型の場合は少し頑張ることも必要です。無理は禁物ですが、軽い運動を取り入れる、仕事に行けるときは行くなどの努力も取り入れていきましょう。抗うつ剤が効きにくいこともあり、薬での改善が難しいこともありますが、認知行動療法などの心理療法が良い効果を期待することができます。人間関係でもトラブルを起こす確率が高いため、人間関係を円滑にできるトレーニングも取り入れていきたいところです。

Copyright © 2016 急増している新型うつ病|症状にあった治療があります All Rights Reserved.