急増している新型うつ病|症状にあった治療があります

見落とされがちなうつ症状

スーツの男性

周りの対応とその注意点

うつといえば仕事や趣味に関係なく意欲が低下してしまうもの、精神的な部分だけでなく身体的な症状も並行して現れるものとして知られています。ただ、実はうつ病と一口に言ってもその中には定型うつ病とは特徴が異なるものもあるのです。それが新型うつ病と呼ばれる病気です。新型うつ病は定型うつ病とは違い、症状が現れるタイミングが限られています。長期にわかって症状が現れるという部分は同じなのですが、新型うつ病の場合は仕事や学校など、ストレスが多いところ、患者自身が嫌だと思っていることに対してだけ症状が現れるのが特徴です。逆に、友達同士の旅行や飲み会、趣味の場であれば症状が和らぎ参加することができるため、周りの人間からはただの怠け者だととらえられてしまうのです。もちろん、中にはちょっとした怠け癖でこうした行為を行っている人もいるでしょうが、これがもしも新型うつ病であった場合、周りに人間はその対応により一層の気を遣う必要があります。というのも、こうした新型うつ病を発症した患者にとって、周りからの叱咤や指導はかなりのストレス・負担となります。場合によってはそれが原因で症状を進行させてしまうこともあるため、注意が必要になってくるのです。

医療機関受診の必要性

こうした新型うつ病が疑われる場合、少しでも早く専門の医療機関を受診することが大切になってきます。定型うつ病と同じことですが、こうした精神的な病はそのまま状態を放置していることによって症状が進行し、悪循環を招いていきます。睡眠障害や自殺願望などの症状が現れた場合、日常生活にも支障を来す恐れがあるため、早め早めの治療がカギとなるのです。さらに、こうした新型うつ病は定型うつ病に比べて治療期間が長くなる傾向にあります。つまり症状が重度になればなるだけ治療も難しいものになっていくということです。もちろん、新型うつ病は治らない病というわけではありませんし、適切な治療と周りのサポートがあれば社会復帰、仕事や学校に通いながらの治療も可能です。要は治療開始が早ければ早いだけ患者自身の負担が少なくなる、この点だけは押さえておくに越したことはありません。医療機関では患者自身の治療はもちろんですが、周りの人間のサポート方法についても相談することが可能です。家族や職場の人間がどう支えになっていくべきなのか、より良い治療を進めるためにも専門医の存在は欠かせないのです。

Copyright © 2016 急増している新型うつ病|症状にあった治療があります All Rights Reserved.