急増している新型うつ病|症状にあった治療があります

新しい種類のうつ病

笑顔の女性

一般的概念とは異なる

うつ病は心の病であるために、明確な定義や根拠などがあるわけではありません。しかし、一般的に何をしても気力がわかなかったり、気力が失われるなどのイメージがあります。その傾向に当てはまらないうつ病が、最近増加しています。新型うつ病と便宜上呼ばれているものです。具体的には、仕事の時だけうつ状態になり、休職中の趣味の時間などには活発に行動したり、うつ病である事を隠さず公言することに抵抗しないことや、他罰的になり、会社や上司や同僚に迷惑をかけている認識に乏しいなど、一般的なうつ病の傾向とは異なる症状を持っています。うつ病とは異なる症状ですが、うつ病の症状も含まれているため、うつ病の中に定義されています。しかし明確に異なる点も多く、病院での治療方法も異なっています。新型うつ病の典型的な特徴は、人間関係に過敏になることが多く、プライドを傷つけられるなどの言動には激しく抵抗する特長があります。そのため周囲の人も通常のうつ病患者とは異なった対応方法が必要になります。特に言動に関しては注意が必要です。

接し方に注意

通常のうつ病とは異なる新型うつ病は、接し方に注意が必要です、仕事におけるうつ状態だけではあれば、出社させることもできると考えられますが、安全配慮義務の観点からも医師の判断にゆだねることが大事になります。あくまでも、うつ病患者の一環であるため勝手な判断は落とし穴につながる可能性があります。そして新型うつ病の患者を理解することが大事です。通常のうつ病と異なっていることに本人は気づいていないことも多く、一般的な対応マニュアルに沿った方法をとることで、逆効果になることもあります。そしてうつ病の状態が出ていない仕事や趣味の際にも目を配ることが大事です。容量を超えて行うことが想定されるため、過度の状態にならないように、周囲の人がサポートしてあげましょう。本人への対応の仕方にも注意が必要です。うつ病と異なり元気な場面もあるため、普通の接し方を行ってしまうケースが逆に仇になってしまうこともあるとされています。どんな状態であってもうつ病であることを忘れずに接しましょう。

Copyright © 2016 急増している新型うつ病|症状にあった治療があります All Rights Reserved.